迷走かあちゃんの日記

2012年に33歳で男女の双子を出産。育てる毎日に追われ迷走中。育児の事、夫の事、仕事の事、世の中の事、お金の事、自分の事etc…尽きる事のない独り言を綴っている日記です。

初めて何の日でもないのに祝われた?

f:id:t19n29s21a21:20190816204022j:plain

今日は3時間だけパートに出ました。
父ちゃんが夏休みをもらえたので子供たちは朝から父ちゃんの試作品(ケーキ)に付き合わされたのか…喜んで手伝ったのか…その辺はよくわかりませんけど(笑)
昼頃に私が家を出る時には何やらキッチンでわちゃわちゃしていました。

パート先で少し残って店長と色々打ち合わせをしていたら父ちゃんからLINEが。
「子供たちが母ちゃんと食べたいって夕飯食べずにずっと待ってる」と。

私なんて99.9%は一緒にご飯食べてるから、父ちゃんがいて夕方までパートの日は、慌てて帰るいつもと違い、仕事での打ち合わせや相談に時間を使う事がある。

しかし飽きずに母ちゃんを求める辺りはまだ小学一年生なんだなと実感。
店長も笑いながら「早く帰ってあげて母ちゃん。」となり急いで帰ってきました。

「ただいま〜」とリビングに入ると

パーン!パーン!とクラッカーを鳴らされ、窓には飾りつけ!(上の写真)

「なんだ?なに?なんのお祝い??」と聞くと

「この家族で嬉しいねのお祝い」と子供たち。
窓の飾りには「おもいでパーティイー」などと書いてあった。(笑)

どうした…?
なんだ…?
何かやましいことでもあって隠しているの?
なに?
なに?

と…内心疑う私…。

悲しい性(笑)

そして夕飯のデザートには試作品のケーキ。
(息子からの手紙には「けうきたべようね」と書いてあった(笑))

なんだろう。いったい。

意味がわからない。と戸惑う母ちゃんと、
お祝いごっこ?を満喫した双子でした。

そう。ただのごっこ遊びだ、きっと。

♪お読み下さりありがとうございました♪

恐るべし初めての夏休み

初体験の連続の日々を送っています。

我が家は長子(双子)の初・夏休み
すなわち私も母親としての初夏休みです!

体力に自信のないまま…

なかなか挑戦的な毎日。。。


【宿題】
・ドリル(こくご、さんすう)
朝顔の観察日記
・親子読書カード
・絵日記
・読書感想文は任意
(自由研究って一年生はないのかしら)

ドリルは1日目に瞬殺で終わりました。
おんどくや親子読書も好きではかどります。
ネックは絵日記や朝顔の観察日記の写生系というか、実物を描くだとか、記憶の風景や様子を描くのはまだ難しいみたいです。手がつかない…
しかし炎天下の中、朝顔の種の収穫はすごく嬉しそうにやっていました(*^^*)


【生活リズム】
・早寝早起き→崩壊
・栄養バランスの良い食事→外食が勢い良く増えている。最低限、朝洗濯さえ終われば最高気温の時間帯にはエアコンが効いている場所で過ごす事が多い


【レジャー】
・ついに一年越しに…!お友達から誘われていたキャンプに参加!!ウェルキャンプ西丹沢にて大勢のグループでキャンプ初体験!!!
・電車でおじいちゃんおばあちゃんのおうちへ一泊旅行(*^^*)


【習い事・体験など】
・週に一回、グラウンドにて活動のスポーツクラブで元気に汗を流す
・キッズクラブのイベントで空手の体験をした
・他、キッズクラブ主催の墨アートや磁石の勉強など
・週に二回、自宅でのオンライン英会話

【他】
・初!虫とり!初めて100円ショップにてあみやカゴを買い揃え…カブトムシやクワガタに出会えることを期待して近所の木が生い茂っている公園へ行ってみるとなんと!10分くらいで立派なカブトムシのオスとメス、あととてもオチビちゃんで可愛いクワガタのオスと出会いました。
我が家の一員になりました。



そんなこんなで

病気療養はできず

周りから見ればまるで

子供に還って一緒になって楽しそうなお母さん(笑)にしか見えない気がする。もろに。(笑)


しかし本当に体調をもっと上げていって
もっともっと楽しいことをしていけるようにもう少し元気に働きたい。

子供たちのやる気、夢や希望、積極的に何かを掴んでいきたい意欲がどんどん出てきます。

怒濤の毎日だなとは感じているけど
2019の夏を楽しんでいます。
皆さんくれぐれも熱中症や水の事故等気をつけていきましょう。
お読み下さりありがとうございました♪

まつりあるある

f:id:t19n29s21a21:20190720224958j:plain
先程、とある町内会の夏まつりに出かけてきました。 
前に2年ほど住んでいた町でご近所はほとんど高齢者で、うちと同世代はいなかったけど、今のようなご近所トラブルどころか、複数のお宅と仲良く、そこに毎週遊びにくる娘さんファミリーとも仲良くさせてもらえたりと幸せな暮らしでした。

町内会メンバーの中で複数、私のパート先の喫茶店の常連客がいるので、数日前に仕事中におまつりのお誘いがあり顔を出してきました。

●よくある子供に人気のおもちゃ
●よく見る動かない長蛇の列と早い売り切れ
●それでも人々は怒らず知り合いを見つけては喜んでおしゃべり♪
●櫓を囲んで優雅に踊るおばあちゃん達が輝いている

よく町内会のまつりであるのが、巨大なビニール風船のヨーヨー?スイカのだったり。
あとリアルな犬の散歩みたいなビニール風船(タイヤの足付き、リード付き)とか。

元々、おまつりでの出費って値段のわりにお腹満たされないなーとか、純粋にまつりの雰囲気を楽しむ気持ちよりも自分の中のケチが勝っていたりした。(笑)
ケチだから子供たちのクジや出店も目玉商品が売り切れたあとの余り物みたいな安いやつの中でしか楽しんでいないまつりが今までほとんど。
それでも何かを買ってもらえるだけでもホクホク喜んでた双子。

今日はちょっと頑張って並んで、先着の目玉商品をGETできたらいいな…

そう思い、早い時間の「子供会夕店」が閉まり、次に一気に食べ物やグッズコーナーが開店するまでの間に、早めにグッズの前に並んでみた。。。

しかし、

位置も列も誰も整理していない空間に大量の親子がなんとなく列を成してしまい、本来何ヵ所かに分かれるコーナーなのに、漠然とグッズを待つ行列が開店直前でざっと120人超えていました。うちは40人目くらい。

景品や商品が定位置に揃ってくると我が子らは、
(あ…あのいぬちゃん欲しー…)と狙いを定めている。
そして、
開店一分前くらいのこと、
お店の人が行列の前の人から急いで何やら声をかけて回っている。

「くじならココです。大きな風船ならヨコです。」

!!!!!!!
(なんと!ヤバい!)

すかさず犬の風船に接近!
目の前で犬が飛ぶように売れ、みるみる減っていく!!
犬!!
犬!!
ああっ!!…

子供たちがゆっくり選んでいたらそのすきに売り切れる…(´゚д゚`)
私は本気モードで我が子の分を2匹素早くしとめた。その瞬間、在庫はたった一つになっていた。
ああ…間一髪だ…(プシュー…母ちゃん疲れた)

しかし…

この子たちにとって初めてです。
まつりの出店で大きなおもちゃを行列に並んでまで買うという行動は。
立っているだけでも汗をかいたし疲れたと思うけど、今まで密かに他人のを見て羨ましいと思っていたものが手に入り、すごく嬉しく楽しかったようで、この犬ちゃんGETにより、その後はおもちゃの追加おねだりはなく、お腹がいっぱいになるまでひたすら行列に並んで買ってを繰り返すうちに辺りはすっかり暗くなり、太鼓と盆踊りが始まり、大抽選会が始まり、なんだか長〜い行列待ちの時間も雰囲気は楽しく、時の流れがあっという間に感じました。
双子は終始、犬ちゃんを優しく散歩しながら、太鼓を叩いている小学生を見つめながら私のおしりを太鼓代わりにしたり、踊りのうまいおばあちゃんを楽しそうに見つめたり、満足そうにクレープ食べたり、懐かしいお友達に会えたりと、幸せそうにしていました。

私も、
今日のは、たまたまお誘いがあったから、その人にも挨拶をしたくて小雨の中行ってみたけど、良かったです♪
仕事中に祭りの件で声をかけてくれたその女性は高齢ですが櫓をたてたり買い出し往復したりと大忙しだったようで、そういうのを聞くとなおさらお金を落としたくなるもの。

丁度まつりの前に元ご近所さん宅に車をとめさせてもらいに行った際にお小遣いを頂いたので「気持ちよく使って楽しまないと!」というパワーもあり…(笑)
なんだかいい思いをさせてもらいました。
いろんな方々に。
ああいう準備って本当に大勢で協力して盛り上げるから成功できるんだよな…。

今の住まいでは、警戒する人物も近くにいるけど…
でも小学校がらみの出し物とか活動には楽しんで参加できるようになっていきたい。
経験上、自然に馴染んで盛り上がってくるまでに私は2年ほどかかります。。。

夏まつりっていいですね(^o^)

♪お読み下さりありがとうございました♪

今朝笑ったこと

f:id:t19n29s21a21:20190720223055j:plain
我が家のトイレです。

夫の愛読書「専門料理」の最新刊を昨夜置きました。その表紙に海老やら蟹やらの写真がたくさん載っています。

今朝娘がこのトイレにて用をたしているところ、悲鳴をあげて慌ててトイレから逃げてきました。

私はゴキブリでもいたのかしらと思いながら
「どしたー?」と聞きました。

すると…
娘は
「なんかあのトイレ…ザリガニとかカニが出てきそうだったから…」だって。

思わず私は笑ったけどたしかに小さい頃って目に映った、自分にとってちょっと恐ろしく感じる絵や写真って強烈に心に入ってくるんですよね!

私にも覚えがありますもん。
(「バンビ」に出てくる顔ついた木が恐ろしくてたまらなく、夢にまで出てきて私を苦しめた…)(笑)

似るんですかね、親子だから。

しかし
乱れた格好で逃げてきた姿はちょっとウケました。
コントみたいで。

♪お読み下さりありがとうございました♪

子供たちの習い事にて〜運動教室

6月から近場の公園にてキッズの総合的な運動能力を伸ばしてくれそうな教室が新しくできたので入会しました。

体を動かすのは好きでも、小学一年生の動きってなんというか…面白いんですよね、走るフォームにせよ、ボールの投げ方にせよ、まだまだぎこちない子が多い。

うちのは、
特に娘の方が運動音痴なのかな…?と見守っていました。
保育園でも足は遅く、ドッジボールも弱かった。
息子の方は足は速くないが球技は素質がありそうでドッジボールではナイスキャッチしまくり、サッカーはみんなから「上手い!!」と褒められていた。先生から「野球も上手いですよ」とも言われていたし地元からしばらく泊まりに来ていた母からは「バスケうまいわ。」と…。

そんな二人は…

(・∀・)「ダンスやりたい」と娘。

(・∀・)「サッカー!いやバスケかな?いやわかんないな!」と息子。

今から一年半前に、通っていたスイミングスクールが閉店(衝撃だった。)してからはスポーツの習い事をしていませんでしたが…

いったい何をしたいのか…
それはコロコロ変わるのか…
変わるとしてまぁ想定内だし無理強いしないが、何か力になれることはないかしら…?

そんなふうに気にかけていたところ、タイミングよくチラシをもらい体験会に参加して即決入会しました。
週に一回、50分の活動。
ストイックなものではないけどちゃんと「リズム感」「基本姿勢」「動きのコツ」などを訓練されていきます。
体育会系らしく、活動中に注意する際の先生のピシャリとした態度も好きです。
ケジメ大事。

ところが…

小学一年生/年長メンバー5人の中でいつもいつもうちの息子だけがキャッキャキャッキャはしゃぎ過ぎ。いちいち楽しくなってふざけてみんなを待たせたり、先生の話を聞きそびれて違うことをやって、またそれでウケて、一人で延々と笑って、ちょっと強めに注意されている…
動作に失敗して自分の列のコーンが吹っ飛んだりズレたりする時も、他の子がチャチャッと直してる時には息子はただ笑ってる。みんなが次の準備ができた時に一人で丁寧に直している。みんなから注目されているのは気付かずに。待ってくれている。

ちょっと目に余るというか、
彼のケジメのなさからくるものによるかな?と感じ、
「真剣にやっていて遅くてもみんな応援してくれるけど、ふざけて自分のペースでだらしなくやるようだと先生やお友達が嫌な気持ちになっちゃうかもよ。自分は楽しくても。」 「いつも見ていてすごく楽しそうでいいけど、もうちょっとみんな真剣にやってるよ。あんまりケジメないと母ちゃん横から怒るかも。」「ちゃんとできるんだからしっかりやんなさいよ、今日は。」
と、活動前にお説教をした。

鬼(笑)

なんとかちゃんとやっていたので、いつもは息子に釣られて便乗してふざける娘(これまた困った双子だ…)もちゃんとやっていた。
が、


(遅い…遅いぞ…息子よ…みんな待っている…みんなチミを見ている…もうそんなに何度もコーンを直さなくていいんだ…あ!やっと終わ…らないんかい!!まだ直すんかい!!)

と、思いながらベンチから息子を見つめていると、他の子のお母さんから

「○○君、几帳面ですよね!」

と、言われました。
危うく、即、「いや、マイペースなだけデス!」と言いそうになるのを寸止めして、
「へ??ぃやぃや…ありがとうございます〜。そーかな?でも待たせちゃってる。ごめんなさーい(笑)」くらいな返答。

同じ行動を同時に見ていても
あれが
「几帳面」という長所にも
「マイペース」という短所にも
見て取れるわけか…。
(マイペース自体必ずしも短所な場合ばかりではないですけどね)

ははあ。。。
面白いな。

と、思ったし、
そのお母さん、性格が優しいんだろうなと思いました。

日々、子供たちの行動に
(いつまでやっとんじゃい!!)
とか
(いつまでやらないんじゃ!!)
とか
イライラする事が多くて。
私はせっかちであんまり優しくはないのです。

でも、
昔、なにかで読みました。

そばに「それは駄目だよ」とか「それは悪いこと」とかハッキリ言ってくれる人がいてケンカ出来た方が、いちいち遠慮したり不安になったりしないで、思い切り進めるって。

母親としては時と場合に合わせて、子供にうまく寄り添った対応をしたいし、優しい雰囲気のお母さんに憧れはあるけど、

きっと
なんとなく
我が家は
子供たちにとっては一筋縄ではいかない母ちゃんと、打って変わってとても優しい社会の人たち、という感じになればありがたい。なんて思う時があります。
それは、
うるさい母ちゃんだけど、頑張って聞いてるうちに社会では「お利口ね!」とか「頑張ったね!」って言われるような成果が見えてきた時に本人たちが自信をつけてより前向きに進んでくれるのかなという考え。

人間って、
自分がかつて出来なかったことが出来るようになると、
目の前でできないでいる人にイライラするものなんだと、
ある本に書いてありました。
なるほど、
世の中のお父さんお母さんの気持ちは正常だ。

しかしながら
かわいい我が子のやる気をポキーンと折ってしまうような行動(言動もそうだし、何かに限らず全てにおいて)はしないと強く心がけたい。

春からストレスに起因すると思われる不調が続いているので、上手い発散法を増やすよう模索しながら、日々の強烈な子供たちとのやりとりでは
「言葉のトゲ」
にはくれぐれも気をつけたいところです。。。

頭では思ってもとっても難関。
性格悪いんかな、私。と、心底凹む事も。
そんな時にも違う視点から見てくれる人の言葉に励まされます。

前向きの力で手を取り合おう…
と、つくづく思います。

♪お読み下さりありがとうございました♪

プチプラ狙い撃ち

SALE…?
わたしにはカンケー無い。
そんなここ数年。 
どちらかというとクリアランスセールで70%オフとかを狙う。(来シーズン用に考えて調達するのであまり流行り関係ない)

洋服もくたびれて色あせても擦り切れたり破けるまで使って、捨てて、足りなくなったら何かを買う。
ぐらいです。
双子の服代靴代などもその都度2倍だし、
サイズ変動が落ち着いてくる頃には替わりに塾代などかかってくるんだろうから…
子供たちにかかる費用は一過性ではない。

あまりに我慢しすぎ、みすぼらしいとよろしくないなと思いくたびれ過ぎるまで着ないようにして、必要な物は買って、よくよく考えて不要とか贅沢とか思う物は買わない。欲しくても即戦力じゃない物を買わないように気をつけています。

気付けば子供たちと遊ぶ日に丁度良いような足さばきが良いコーディネートをしたい時の服が全然なくなってきました。
久しぶりの自分の服購入(^^)
f:id:t19n29s21a21:20190718193054j:plain
アプリでポイントつけるのも忘れず。

そして、夫の希望で「古本で良いから、子供たちに感動を与えるような名作漫画は買いたい」ということで、先日BOOKOFFさんで「MAJOR」全巻を¥10,400で購入。たまたま30%オフの日でした。
夫、お得に手に入り大喜び!
私はBOOKOFFさんオリジナルのワークを発見。一冊¥108だけど面白い内容だと思い購入!安かろう悪かろうではないです。
f:id:t19n29s21a21:20190718193852j:plain
双子に平等に…。

折り紙や便箋のリクエストが増えてきた我が子。
創作意欲や、手紙を通して伝えようと考える力や相手を思う心など、是非後押しすべき所。
気に入ってくれそうな柄の物がないかいつも気にかけている。
来週からお弁当を持たせるので買い足したいお弁当グッズを見にDAISOさんへ。 
良い折り紙と便箋、GUさんで我慢した黒無地のキャップなどを入手(・∀・)高見えコーデ成功すればなんてお得なのかしら♪
f:id:t19n29s21a21:20190718194756j:plain

日頃、
商品の目の前ではない所で、
買い物の作戦を頭の中で練りに練っています。
考えが散らかる時には書き出して。
衝動買いは結構命取りなので(´;ω;`)

なので、
チャンスを狙っています。

タイミングが到来すると迷わず狙い撃ち!!

チョー気持ちい!

♪お読み下さりありがとうございました♪

最近読んだ本(自分を元気づけようと衝動買いしてしまった本)

f:id:t19n29s21a21:20190713223449j:plain

漠然と色々不安でストレスを溜め込んで憂鬱に過ごしつつ…

いや、こういう時は新たな知識や発想を取り込むのに少し集中力を使えたらスッキリするかも…

何か良い本あるかしらー

そんな感じで本屋さんで出会いを探していたら目に止まったのでピンときちゃって衝動買い(・∀・)

f:id:t19n29s21a21:20190713224019j:plain

はい。
お母さんも人間。
そうだよね、そうだよね。

日々の大変さは、
誰かがなんとかしてくれるなんて甘い選択肢は現実的には考えにくく、
だからこそ、
どうしても辛いと現実逃避しようとして
誰かに、何かに、助けてと祈る自分がいたのかも。

この、古市さんの本を読みながら、

そうよね?
そうよね?
そう思う!

ってところがいくつもあって嬉しかったです。

望んでお母さんになったので、
愛情ももちろんあるし、苦労すらもある程度、それ込みで憧れていたところもある。
でも、
社会の理解があるかないかは、
守ってくれる環境があるかないかは、
その差はとてつもなく大きい…!!
と、感じます。

静かに一人で本読みながら美味しい珈琲を飲むのが大好きです(^^)

ちなみに、子供向けのプログラミングのオススメ本を紹介してくれているブログを読んで、買ってみました。が、自分は明らかにプログラミングとか苦手な気がして、速攻夫に託しました。(笑)子供たちは一昔前より進化した学習をするんだなと思うと、もはや聞かれても何も教えてやれないかもしれないなと思う。

でもせっかく人間なので生涯コツコツ何かを学んでいたい。(興味がないとなかなか難しいけど。)

♪お読み下さりありがとうございました♪