迷走かあちゃんの日記

2012年に33歳で男女の双子を出産。育てる毎日に追われ迷走中。育児の事、夫の事、仕事の事、世の中の事、お金の事、自分の事etc…尽きる事のない独り言を綴っている日記です。

定着している変な言葉

甘えん坊
怒りん坊
寂しん坊
暴れん坊
食いしん坊


そういうのがあるからだな。


うちの双子が上記よりも圧倒的に使う言葉が







お腹すきん坊

喉かわきん坊







どうしてもクセで直らず
今日も言っていました。


だから…


『お腹すいたよ◎』
『お腹すきん坊、ブブー』

『喉が乾いた◎』
『喉かわきん坊、ブブー』


食事量と体力、相乗効果でどんどん増してくれたら希望通りだけど…
準備もお金も忙しくなっていくのね😂

でもそれは喜び。

今日、グラウンドのある公園で遊びましたが、体力も徐々にアップしているし、息子に関しては以前から球技のセンスがあって、手でも足でもボールの扱いが上手い方なので、元バスケ部の私は遊んでいて楽しい。
その公園へ行くと、決まって息子はサッカーの壁打ちに熱中するが右足でのキック力が強くなったのは壁打ちの音で明らかにわかる。試しというか、遊び半分を演じて密かに左足も使わせている。
娘は球技に限らずリズム感やバランスが運動音痴かなと感じながらこれまで週一通っている【キッズ総合スポーツクラブ】で見守っているが継続は力なり。。。
サッカーのドリブルなんてもう…ひとつ蹴ればあっちゃ行き、もひとつ蹴ればこっちゃ行き…完全にボールに振り回されて果てしなくどこかへ離れて行く感じだったのが、今日ふと見てて(それがもう何気に普通に出来ちゃうんだから凄いな…)と感心していた。

しきりにお腹すきん坊(笑)をアピールしてはお腹を満たし、満足して先程布団に入ったがこれも成長の黄金ルール。

【成長ホルモンは夜10時から2時の間、熟睡しているときに活発に分泌されている】

そしてまた朝
『おはようママ。ぼく、お腹すきん坊。』と言って起きてくる。(笑)

♪お読み下さりありがとうございました♪

全体的に足りなかったと知った

f:id:t19n29s21a21:20200222233254j:plain
〜ジュニアのためのスポーツ食事学〜 柴田 麗

これです、先日、『今度紹介しますね』みたいに少し話題にしました。

https://t19n29s21a21.hatenablog.com/entry/2020/02/18/111545

息子だけは朝食欲満点だけど、
娘と私は朝はなかなか…胃が沢山受けつけるのが厳しい。食欲ない。
夫は朝は食べるよりも寝ていたい。

一日のスタートが
理想とはだいぶん遠い一家です。

意識しないと
何もかもが
規則正しくから外れていくものなの…?(笑)

しかし、
親となって、子供がある程度食べるようになってきて私の場合は今のタイミングで気になったのです。 
栄養について。

うちの子達は野菜が比較的好きで、
調味料をかけ過ぎたり不規則におやつを食べる事を許していないので、ちゃんとお腹をすかして、ちゃんとご飯を食べて、いいウンチも出ているから、良し。なんて思っていた部分がある。
だけど、
息子の体型が特にひ弱だから気がかり。
双子の妹のお尻に跳ね飛ばされている。

また、
少し勉強してみて自分の貧血もなるべくしてなったのだと思う。

子供のスポーツ前後の栄養補給や、
自分の貧血防止、
目標の献立、
夫はダイエットなのでまたポイントが違ってくるけど、

本にオススメの献立もとてもわかりやすく載っていて、普通に作れるものばかりだし、量やバランス、タイミングなどのコツを掴んでいけば改善は難しくない気がする。

以前なら

『頼むからみんな一斉に同じものを食べてくれ』という願いを密かに持っていたけど

不思議なもので
たぶん子供たちの成長が『楽しい』からだと思うけど、個別対応に前向き。(笑)

スポーツに打ち込むかどうか決めてはいないけど、パソコンや将棋などに打ち込むにしたって健康に成長することはどのみち必須!

♪お読み下さりありがとうございました♪

別れの淋しさ…。年かな?…

あと一ヶ月くらいで卒業や退職、移動など、今所属している所から居なくなり新しいスタートを切る人が沢山いる時期ですね。

引継ぎの段取りやら
送別など
送る側も準備したりしますよね。

自分のパート先でも春から就職する学生さんや、他にも数人、辞めていくし、
子供たちの習い事(キッズ総合スポーツ)の先生もご実家の事情で今月いっぱいで退職ということになり、来月から新しい先生に。
同期の子は3月いっぱいで退所。

いずれも
新しい仲間との出会いも同時にあるのだけど、本人たちの前では湿っぽくならないのに何故か、自宅などで落ち着いているとふと、涙が浮かぶほど淋しい。

心から淋しいなと感じる。

心に残るシーンはそれぞれが笑顔だったり、頑張って輝いているシーンばかり。

よく、
別れる時に号泣(笑)するよりは
頑張って笑顔でいた方がいいとは聞くけど
涙腺のゆるさがひどいんですよね。
徳光さんといい勝負だと思う。
やれやれ…。

兄からも
『お前よぉ…子供の前で泣くのは駄目よ?』と言われる。
でもさぁ…
感極まる事自体を抑えるのがどうにも下手!
だから家でTV観てても一番先に泣くのはだいたい母ちゃん。次に父ちゃん。(笑)
子供たちはすかさず気付きそっとティッシュをくれます。(笑)



別れを目前にするたびに

(ああ…本当に人生一期一会なんだな…。どのくらいの時間を共にできるかなんて、いつ別れが来るかなんてわからないな…。)

などとしみじみ思ってしまう。

友人の中には「オーーイ?(笑)」と
どこまで浸るんだかと呆れて茶化す人もいる。
そりゃそうだ。

感性は人それぞれです。

今まで以上に涙もろくなってしまったらどうしようもないな。

しかし無性に淋しいもので。

『年かな?…』と。
40歳。
この辺からそうなのかもなぁ〜。

泣かずに今までの感謝とこれからの応援の気持ちを無事に伝えられますように😅

♪お読み下さりありがとうございました♪

我が身を守る引出しのひとつに

我が子の為にも!

大人の私も知っていた事知らなかった事一気にお勉強です。

f:id:t19n29s21a21:20200220093153j:plain
〜こども六法〜 著者 山崎聡一郎

いじめに悩み自殺してしまう子供が最も多いのが夏休みがあけて一日目の9月1日というのは何度か聞いたことがあります。
そしてこの本はいじめの被害者にも加害者にもなった経験を持つ著者が書いた本です。
興味がある、必要がある、という方には是非読んでみてほしいです。

いじめられてるみたい…!と気づいたらそういう本を読むというよりは、

平和のためのルールを、特に何事もなくてももっと人間として学ばないと争いなどそこら中で止まらないです。
犯罪を犯してまで損得の【得だけ】を、苦楽の【楽だけ】を、取りにいこうとしていないか?自他共に。
いじめ問題に関わる両者にちょっと冷静に判断してもらう材料になるのだろうなと思いました。

心への影響がものすごいと思うんです、いじめは。

やられるがまま、なすすべをなくした方はたまったものではないでしょう。

徒党を組んでやる側はそれで何かを発散したりそれによって安心しているような人もいるから連鎖は激しいでしょう。

一人でも多く
【ずる賢くなる】のではなくて
【賢くなる】方がいい。

おかしいならおかしいと声を上げればいいけど、自分の意見や知識に自信がないということが先にきてしまい、おかしい人に太刀打ちできないなんて、そこは頑張らなきゃ。

別に『斬らねば斬られる!』時代では
今は、
ない。
今は。



息子のクラスに、入学当初から明らかにワル(笑)な行動をする体の大きい男子がいる。

勉強はできるようで息子も憧れも半分あるようだが、とにかく乱暴である。

入学してまもなく給食の配膳のお手伝いを保護者に募集していたのでクラスの様子を見てみたいから参加した。

『いただきまぁす!』と嬉しそうな児童の声が響く中、一箇所だけ密かに険悪に争っている。向かい合って机の下で密かに激しい蹴り合いを繰り広げている男女が。。。
ドスッ!
ガンッ!
ギギー…(机がズレる音)

ワルの彼に負けじと反撃する女子。
体は小さいが強気である。
それだけに彼は負かすまで気が済まないのかまだやってる。。
給食始まりの賑わいの時で担任の先生も色んな所に気を配っていたので、大人である私のそばは注意して見ていなかったようで気づかなかったらしい。


『なにをやっているのかな?』
横にピタリと付いてきて、そっと机に手を置いて、
とても優しく微笑んだけど、目だけ笑っていないオバさん。。。


(へっ??!)って感じでビックリしてすぐやめてくれたけど、
そりゃこういうときはやめますよ。
それが4月?5月?頃。


今後、この子、どうなっていくのかなー…
どんな親御さんなのかなー…?
と、気にかけながら過ごしてきた。

息子からは楽しい話題でも名前が上がったりするのでちゃんとお友達として日々関係を育んでいるんだろなと想像したり

でも参観懇談会では一度も見たことがないなー…親御さん。とちょっと心配になったり

でも各家庭それぞれである。

まぁ、
やんちゃなんでしょう。ぐらいにしか思わなくなっていた。

そして最近、
息子もやんちゃになってきたのかな?
『やけにアザ作るようになったよね!転んだりぶつけたりし過ぎじゃないの?気をつけなよ!』
と全くなんの勘ぐりもなしで言った一言に対して

『ママぁ…。やられるんだよ。〇〇くんに。』
『ここの(指さして見せながら)裏が切れて血が出てるのも羽子板で顔思い切り叩かれたんだよ』と、上唇の裏側の出血を見せてくれて確認した。

たまに、
負けると悔しいのはわかるが大げさに【被害者意識】でしゃべることがあるから、

私『遊んでて当たっちゃったの?!ごめんねって言ってくれた?』
ぐらいな解釈にもっていこうとしてみた。

息子『ちがうよ!わざと!しかもね!先生が居ないところで気をつけて嫌な事やってるし、こないだ図書室の近くで誰かに乱暴しようとして「あ!防犯カメラあるからやらねえ〜」って言ってやめたんだよ!』と、
息子は、頭を使って大人に叱られないように気をつけて弱い者いじめをする彼に怒っていた。

私『ふ〜ん…』




次の日、先生に伝えて一つお願いをしておいた。
●職員の方々で共有して監視していただけると助かります。

そしてその日学校では彼が普通に息子に『強くやっちゃってごめんな?』と声をかけてくれたそうだ。
そして夕方先生から電話が来て
『彼のお母さんが電話で謝罪したいと仰っているのですが番号を教えても大丈夫でしょうか?』と言われた。

今後ともお互い様でお付き合いするから接触があるのは大丈夫だが、
顔を全く知らないで、この件で顔の見えない電話で一対一…ちょっと抵抗あります。と伝えると、
『来月の参観懇談会で僕も間に入って顔を合わせるのはいかがですか?』と提案して下さったのでそうすることにした。
色々思ってきたこちらとしては決して余計な事は言えないが、やっと会えるわけだし、どんな人か、短い時間だけど貴重だと思う。…し、まさかの、うちが迷惑かけてて私が全く知らなかったパターンだってあり得るんだから💦(笑)

色んな友達・色んな関係。

性格や容姿の違いなどで
どうしても
同じ行動でも
違う反応をされる人もいる。
それがコンプレックスになる人もいるし
強みになる人もいる。

親同士が適度な距離感で良好に繋がれたらありがたい。

ちなみに…
わかりやすいから「ワルの彼」と書いているけど、本当の彼の事、他人の私なんかにわかりっこありません。
ひょっとして今後、息子の親友になるかもしれないし。(笑)

夫の兄が昔すごく派手にワルだったらしいけど、今はすごく素敵に人生歩んでいるんです。
やはり少々やんちゃではあるけど周りの友人や職場のオバちゃんなど沢山の人から愛されてるので尊敬しているんです。

幸せな未来を想像したときに

間違いだらけのままの自分や、
偽りだらけの人間関係に縛られた自分、
楽しい事をするお金がない自分、
そばにいる人を愛せない自分、
それじゃ悲しい。

嫌なことがいくらあっても
負けずに成長していけば
諦めなければ
過ちを正せば
やっていける。

【オマケ】
こども六法の中に出てくる違法となる暴言をたまに
わたし…夫に…😅
子供たちに現行犯逮捕されるかもしれません。
親しき中にも礼儀あり…か。。。(反省)

♪お読み下さりありがとうございました♪

体力よーし!

天気が洗濯日和の今日、パートはなし。
子供たちと夫を送り出してから約2時間半ノンストップで家事に集中し、なんとか家の中が気持ちよくなりました。
数日前に干し忘れていた傘も、ご近所より遅れて我が家の前には色とりどりに並んでいます。
食事についてと、家事の優先順位について、自分の意識を少しブログで綴りましたけど
https://t19n29s21a21.hatenablog.com/entry/2020/02/18/111545

本当は掃除はいつももっとやりたいのです。
気になって仕方ないし、
たまに家族にも協力をお願いするけど家族は家では全力で脱力?して気持ちよくなっちゃってるので、それはそれである意味、家族にそうさせてやれる母ちゃんになりたい気持ちもあったので、まぁいーや。と思います。
だから
掃除機かけていない(4人家族ですけど一日かけないだけでもホコリって家中にいーっぱい!!)日に寝室の毛布をリビングまで引きずって(すなわちホコリも毛布にまとって)ソファーまで持ってきて、汚れた毛布に身を包んで楽しくTV鑑賞。そしてソファーから立つ時に畳…
…むわけありましぇん!!(泣)
ソファーの足元にグチャっと落とし、尻に敷いて今度は座卓でお勉強(←これは自主的だからすごいなーと思っている。)。その時ついでに誰かが脱ぎ捨てた服も尻に敷いています。。


ほんの一部の解説だけど😂


季節だったり、
今みたいに突如現れてしまう悪いウイルスだったりで、鼻水、咳、それに痒そうにしたりする家族がいると家を守る立場の人間にも緊張が走ります。

医療機関の方々もかなり怖い思いをしながらの業務かなと想像がつくし、
何かあれば医療機関を頼る私達も今は行動の順番をよく考えます。
養う為に満員電車で通勤をせざるを得ない方々も怖い思いだろうなと思います。
夫は会社でパワハラがあるとの事で嫌な気持ちを押しての通勤なので体調が万全のはずもなく、本当に心配。

私は半年近く貧血が辛くて、発症して半年過ぎてから子宮に大きめのポリープが見つかったので手術で取ってもらい、同時に食事や生活、ストレスとかにも気をつけて、ペースを元に戻しているところ。

今日みたいに朝一気に家事をした後に買い物、仕込みを済ませてしまい、

パート/休みならパソコンか勉強、

子供たちが帰宅したら
おやつ(私は配布物を読む)
話をきく
宿題(私は夕飯仕上げ)
ミスチェックして教える
片付けて明日の持ち物揃える(私は夕飯並べる)
ごはん
風呂掃除(私は台所片付け)
入浴
ねる(私はうっかり寝落ちしなければまた起きるが、私も寝たフリをしないと子供たちがいつまでも寝ないから眠りに入る時みたいな呼吸をする(笑))

もし夫が最終のバスに乗れなかったら最寄り駅まで車で迎えに行く。



ダラダラーっと日次を綴りましたが、これらが本来当たり前にできるスケジュールだったけど、貧血でダウンしてからは全然無理で。
そんなに無理なスケジュールじゃないのにな…と落ち込んだものです。
子供たちが言うこと聞かない時に対応できないとかじゃなく、動き続ける、立ち続けるなどがしんどかったから。


でもでも!!

よくなってきました😄

いーぞいーぞ。

これで、

バタバタしてきた時に特に意識して【食事】を気をつければ!

恥ずかしながら
自己管理能力の低い人間です。だと思います…。

まず直視しないと
直らない。

♪お読み下さりありがとうございました♪

食事について

小さい子供って
好き嫌いは多いし
顎の発育の問題か飲み込み方が上手くないのか、味の問題じゃなく【うまく飲み込めない】から嫌いというのも良く聞く。

息子がよくお肉を30分以上噛んでいた事があって(ガムかよっ!)
『ゴックンできなーい!』と言って、
もはやカス化するまで口の中に肉をおよがせているので当然美味しい状態よりも美味しくない状態を長く味わっていたんですよね。

『お肉はさぁ、やっぱり体にどんどん摂ってあげないと、大きく強くなれないからがんばれ。』

と教えているので、息子はなんとしても飲み込むまで諦めないんです。

肉一口に50分かけた日はさすがに異常なんじゃないかなー…と
(こういう時って中断してあげた方がいいのかな…)と考えてしまったけど、一生懸命食べていて時間がかかってしまった場合は別にそんなに叱る理由も感じません。家では。
学校では給食の時間が決まっているから15〜20分で食べ終えられないと勿体無いことに残す羽目に。

栄養面でも、食事のマナーの面でも、我々親は日々一生懸命子供たちの事を考えます。
子供以外の家族の事ももちろん考えるけど、これからぐんぐん成長する子供たちがなんと言っても栄養を必要とします。

今読みかけの本がいくつかあって
その中に子供に必要な栄養をもう少し知りたくて買った本があります。
(今度何冊か私のオススメとして載せますね)

勉強していてふと気がつきました。



仕事・家事・育児を一手に担う私たち世代の皆さん!!!
我らはもう体は成長しきって(むしろ衰退に向かい始めている)いますけど!
疲れ過ぎたから…と食事をサボりがちな人(私)は要注意です!!!

職種によりますけど、スポーツ並みに体を動かす仕事をしていたり、時間のない中、短時間で汗ばむくらい急いで家事をこなしていたり…
けっこうしていたりしませんか…?
【スポーツすることによって筋肉などにダメージを受け、酸素や栄養素の運搬役の血液も速いスピードで壊れる】と載っていたんですよ…。

ああ…!…

そうか。反省しないと。
自分を後回しどころか全然大事にしようともしていなかった昨年度一年間。
仕事に家事に育児にプラス保育園の役員。
夫の転職による家計の変化の対応、隣人トラブル対策。
いっぱい背負ってた。
家族には食べさせても自分は食べるの忘れてる時もあった←えー!!(笑)

だから

家族全員のために
食事はとっても大切ですね。
しっかりしないと。
どんだけいっぱいいっぱいよ…(笑)

小さい子供の食育にはなかなか
手も時間も取られてうまくいかなかったりします。

でも
なるべく優先順位として高いところに
【子供の食育】をと意識しています。

そのように来る日も来る日も暮らしていても
たいして良くなっているかどうかなど実感できません。

その上、
本当はこなしたい家事がちゃんと全部回りません。


ハイ。

そこで
『うおおおおおお!』ってキレるか

もう
なるように成り立たせて穏やかに切り盛りするか

自分が試されます。



色んな達人がいるので

素敵な人の真似などちょっとしてみて自分も取り入れたいと思う事もあるけど

それはそれで良いことなのだけど

やっぱり
【我、何をなすべきか】という母が大事にしている名言がまた頭に浮かびます。
母は、会社務めの経験がほぼ無くて、しかも父が束縛して外との付き合いを遮断していたので『世の中の事わかんなーい』っていう調子の人ですが、とにかく毎食毎食沢山の食材をせっせと切って、だしがきいていて薄味で、体に嬉しい料理を規則正しく絶やさず与えてくれました。

専業主婦じゃないからそのまま真似はできないけど、母のしてくれたことはありがたいこと。そしてそれを当たり前にやってくれた。
今は私がやらないと食事や習慣のせいで弱い体になってしまうような事があれば私の責任だ。

日々色んな事で迷走している母ちゃんですけど、食事について重く再認識をしたところです。

♪お読み下さりありがとうございました♪

気まずいキスシーン

小さい頃に
父親とテレビを観ていると
男女がイチャつく雰囲気になるやいなや
父親が大至急不機嫌にチャンネルを変えた。

子供側だった自分は
内心少しそれを面白がっていた。
テレビの場面よりも
父の気まずそうな様子の方が記憶に残っている。

最近

【翔んで埼玉】を録画してあったやつを観ていたら、途中から小1男女の双子が横に来て一緒に観ていた。

美しい男同士のキスシーンがある。

なんだこれ。。。という感じで唖然と見入る双子。

感想を語り合うどころか

全員気まずそう!!!笑笑!!!



それから数日経ち、
今度は大河ドラマ麒麟がくる】にて。

お侍が、服脱げかけた女の人から
『旦那ぁ♥遊んでおいきよ〜』言われてます。。

またもや双子、前回と同じ反応です。。



ここで

【いけないもの】としてむやみに隠すのか

目に触れたら触れたで別にいいし
何か聞いてくれば話をする…?

それにしてもいずれもちょっと【ノーマル】かと言われると違うかな?という…
真面目な恋愛や性教育を知る前に覚えてほしくないシチュエーションで。

ただただ気まずかった。。。

きっと亡き父も
私にはまだまだそんな話は早い!って頃に
不意に一緒にそんな映像を目にしてしまい面食らったことでしょう。

わかるよ〜!今なら〜!

♪お読み下さりありがとうございました♪